ベビーシッター仲間のはなし


by la17z75p1h

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 日本ペンクラブ(阿刀田高会長)は15日、日本のイルカ漁を取り上げた米ドキュメンタリー映画「ザ・コーヴ」について、上映自粛の動きが広がっていることを憂慮する緊急声明を出した。
 声明は、抗議活動を行う勢力に「異なる意見にも耳を傾け、その発言機会を保障しよう」と呼び掛けた。上映を中止した映画館や大学などの施設にも「圧力に屈することなく作品の上映機会を提供できるよう努力を」と求めた。 

【2010参院選】滋賀、知事選とダブル選→県議辞職でトリプル選に (産経新聞)
<口蹄疫>コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌(毎日新聞)
地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
高校無償化の国交付金、愛媛では1億円足りず(読売新聞)
「子宮がん」使わないよう要望―日産婦学会(医療介護CBニュース)
[PR]
by la17z75p1h | 2010-06-16 13:31
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、人類初の小惑星の岩石採取に挑んだ探査機「はやぶさ」が、落下目標地点のオーストラリア南部・ウーメラ砂漠に達する軌道に入ったと発表した。13日深夜の帰還が確定し、7年に及んだ小惑星イトカワへの往復飛行を達成することになった。

 JAXAによると、豪州政府の許可が出たため、3日からエンジン噴射を実施。5日午後、予定軌道に到達し、地球から約360万キロを飛行している。9日、落下範囲をさらに狭める最終の軌道修正をする。13日午後11時ごろ(日本時間)、はやぶさと、切り離されたカプセルが大気圏に突入、カプセルだけが約1時間後に落下し、はやぶさ本体は燃え尽きる。カプセル回収に成功し、中にイトカワの岩石などが入っていれば、人類初の快挙となる。

 川口淳一郎・はやぶさプロジェクトマネジャーは「地球帰還が決まり感無量だ。往復飛行という大きな目標が達成できたのは、はやぶさ自体に助けられたようにも思える。カプセル回収も、ぜひやりとげたい」と話した。【永山悦子】

【関連ニュース】
はやぶさ君:人気加速 13日に地球帰還
小惑星探査機:「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前
小惑星探査機:やっと故郷見えた 「はやぶさ」地球撮影
知りたい!:小惑星探査機13日帰還 はやぶさ君、人気急加速 数々の危機克服に共感
プラネタリウム映画:「はやぶさ」きょう上映 浜松科学館、帰還に合わせ /静岡

<民主代表選>4日に組閣の方針確認 民主党(毎日新聞)
ホンダ 「スーパーカブ」1万5991台をリコール(毎日新聞)
関空への補給金凍結を解除=伊丹との統合など条件に―財務省(時事通信)
国保組合の「入院・治療無料」見直しへ(読売新聞)
<有松絞り>古い町並みに映え 名古屋(毎日新聞)
[PR]
by la17z75p1h | 2010-06-07 14:19